記事一覧

肌の表面からの水分補給には限界がある②

その一方で、分裂ができなくなる細胞もあります。分裂ができない細胞は、ハンカチにとっては意味のない細胞として扱われ、上のガーゼの部分に押し上げられます。下からどんどん分裂しなくなった細胞が送られ、ガーゼの部分はそれらの細胞が密集しています。そして、顔を洗ったときにアカとして体の外に捨てられる仕組みです。ハンカチの部分は、新たな細胞を生み出して活性化していますが、ガーゼの部分はアカとなる細胞の集合体ではがれ落ちるだけの運命にあります。このように、ハンカチとガーゼでは、細胞の構造が異なっているのです。では、化粧水をつけたときにはどうなっているかといえば、このアカとなる細胞の隙間には多少の水分が入っていきます。

しかし、その下の生きた細胞組織は、水分を跳ね返しているのです。ガーゼ部分には少々の水分を入れることは可能でも、ハンカチの部分の生きた細胞組織は、外部からの侵入をブロックしてしまう。いわば防御反応です。そのため、ガーゼに水をしみ込ますのは簡単でも、ハンカチにしみ込ませるのは難しい。ハンカチが水をはじくようにコーティングされていると考えてください。ガーゼ部分は、捨てられる運命にある細胞の集合体なのでコーティングが弱い。そのために水分が隙間に侵入できるのです。洗顔で力を入れて肌をこすると、ガーゼは所々が破れたような状態になります。

多くの方が「化粧水が肌にしみ込んでいる」と勘違いしやすいのは、破れたガーゼの部分に水分などが入り込むためです。それだけのことにすぎないのです。人間の細胞組織は実に巧妙にできています。アカとなる運命のガーゼの部分にもきちんと役割があります。ガーゼの部分は、ハンカチから送り込まれた分裂しなくなった細胞の集合体といいましたが、カメの甲羅のように密集して、細胞間には油分と水分をためて、外部から細菌などが侵入してくるのを防ぐ、重要な役割を果たしています。

その強度を増した状態が「爪」です。爪は皮膚の表面よりも硬くて頑丈ですが、肌の表面も、爪ほどではないにしろプロテクトするためにガーゼの部分があるのです。ガーゼは、ハンカチやスポンジを守るために必要不可欠なものです。しかし、こすってはがれ落ちるはど構造はもろい。その隙間に、化粧水などの成分が入り込みやすいのです。ただし、それらがハンカチやスポンジまで到達することはありえません。仮に到達したとしても、生きた細胞の栄養分になることは難しいのです。「化粧水がしみ込む」感覚は間違いとはいいません。しかし「肌の細胞に栄養を与えて細胞を活性化する」のとは、イコールにはならないことを、改めて申し上げたいと思います。