記事一覧

コエンザイムQ10も肌に塗っても意味はない②

日本でも、2001年には食品成分として配合することが認められ、コエンザイムQ10ブームが起こったわけです。2004年には化粧品への使用も許可されました。サプリメントや化粧品でのうたい文句は、「若返り」です。加齢に伴い体内のコエンザイムQ10が減ると、細胞内のミトコンドリアも上手にエネルギーを作れなくなります。その結果、細胞も元気がなくなって老化が加速する。だからコエンザイムQ10を補ってエネルギー量を上げ、細胞を元気にしようというのです。コエンザイムQ10には、抗酸化作用もあるといい、一般的な「抗酸化作用」イコール「老化防止」のイメージにもピッタリ当てはめてあります。

さらに、細胞を若返らせるだけでなく、ミトコンドリアのエネルギーサイクルを上手に回すことでダイエット効果も期待できるというロジックもありました。細胞内にあるミトコンドリアは、エネルギーの源ですから、そのエネルギーサイクルを上手く回せば代謝も上がるはずです。代謝が上がれば脂肪も燃焼されやすくなり、自然に体重が落ちるというわけです。美肌に関していえば、さらに飛躍されたイメージで語られています。ミトコンドリアの働きをサポートすることで、細胞は活性化して若返る。だから、お肌のハリもよくなるというのです。まさに強引すぎる論調です。

ところが、その論調が高じて、「コエンザイムQ10」イコール「美肌」のイメージが持たれているのです。しかし、科学的に見ると、塗ったり食べたりしたコエンザイムQ10が、それを必要としているミトコンドリアまで届くとは考えられません。仮に届いたとしても、ミトコンドリアが活発な状態でなければ、材料は使われないのです。なにしろ、コエンザイムQ10を飲んだからといって、全てのミトコンドリのエネルギーサイクルを活性化させるという証拠は何もないのですから。

「コエンザイムQ10のサブリを飲んで身体が軽くなった」「元気になった」という方がいても、それが本当にコエンザイムQ10によるものかどうか、科学的に証明されているわけではないのです。近年、ミトコンドリアは注目の的です。生き物の細胞に存在し、まるでひとつの生き物のような機能を備え、生物の進化もミトコンドリアなしでは語れないというほど、とても興味深い機能を持っています。それゆえでしょうか、ミトコンドリアに関係したサプリメントなどが登場しやすい状況になっています。新しい素材が登場するたびに思うのは、素材名を変えただけでうたい文句はあまり変わらないということです。