記事一覧

洗顔は洗顔料を泡立てて3回~5回洗い流すだけ②

たとえば、衣類についた食べこぼしのシミは、水だけではなかなか落ちなくても、洗剤を使うとあっという間に落ちるでしょう。これも、仲介役である「界面活性剤」が洗剤に入っているため、油のシミを衣類の繊維から引き離して、水に溶かして洗い流してくれているのです。お化粧を落とすときに、クレンジングで肌をこすると、化粧がみるみる溶け出して落ちていくのも、仲介役の「界面活性剤」がクレンジング剤に入っているおかげといえます。汗でも落ちにくい化粧品も、観念したかのようにクレンジングで落とされます。さらに、その後で洗顔料を使って顔を洗うと、顔に残っていたクレンジング剤も、お化粧も、きれいさっぱり水と一緒に流すことができます。

このように、頑固なお化粧をすっきりと洗い流してくれるクレンジング剤や洗顔料は、肌にとっても味方のように思えます。ところが、使い方を誤ると、美肌を損なうことになるのです。お化粧の油を落とすために、仲介役の「界面活性剤」は油の手を取るかのように肌から引き離して水に溶かしてくれるといいました。化粧品の油だけならばいいのですが、肌の油(脂質)までも、無理矢理のごとく水に溶かしてしまうことがあるのです。肌の油というと、汗ばんで汚れた印象を持たれるかもしれませんが、肌を保護するために大切な役割を担っています。それを肌の「バリア機能」といいます。みなさんの手や顔には、たくさんの目に見えない細菌が存在しています。

細菌が肌の中に入って暴れまわると、炎症が起こります。それを防ぐために、肌の表面には「角質」という細胞があり、その周りを油の袋で満たし、油の袋の中には水分をたっぷりためて、壁のようなバリアを作っているのです。隙間がないので細菌は入り込めません。ところが、クレンジング剤や洗顔料に含まれる仲介役によって、バリア機能の油が溶けて流れてしまうことがあるのです。油の袋がないので水分も流れ出します。すると、肌はカサカサした状態になるのです。洗顔のときにゴシゴシとこすればこするほど、このような状態が起こりやすいといえます。

洗顔は洗顔料を泡立てて3回~5回洗い流すだけ①

スキンケアの基本は、まず「洗顔」といえます。毎日のようにお化粧をしていると、化粧品の中に含まれる成分によって肌はストレスを受けます。そのストレスから洗顔によって肌を解放してあげなければなりません。みなさんの中にも、ついうっかりお化粧をしたまま眠り、翌朝のお肌はカサカサでダメージを受けたことを体感された方もいると思います。お肌の健康のためには、毎日の化粧落としの洗顔は重要です。とはいえ、汗でも落ちないような化粧品は、油性の基材でできており、水で洗うだけでは落ちません。よく人間関係で、仲の悪い人たちを「水と油の関係」と称しますが、この2つの成分も本来混じり合うことはないのです。

そのため、お化粧を落とそうとして水だけで洗顔しても、化粧品の油分が水分をはじいて、お化粧は肌に残ったままとなります。これでは、肌はダメージを受けた状態がずっと続くことになるので、お化粧は洗顔で落とさなければなりません。さて問題は、汗でも落ちないお化粧をどう落とすか、その方法にあります。日頃からきちんとお化粧をしている女性スタッフに、洗顔方法を尋ねてみました。すると、「まずはクレンジングで顔をこすって化粧を浮かせて、それをぬるま湯で洗い流すかコットンで拭きとった後に、洗顔料で顔を洗うと素肌に戻ります」との答えが返ってきました。

水で洗って落ちない化粧は、クレンジング剤と洗顔料を使って落とす。みなさんも、それが当然のように思っているかもしれません。しかし、その洗顔方法は、肌にダメージを与えることをご存じですか? 汗でも落ちない化粧品を水で洗い流すには、油が水に溶けるような状態を作らなければなりません。お友だちとケンカをしたときに、間に入って仲をとり持ってくれる人がいると、仲直りができますよね。化粧品の油を水に溶かすためにも、仲介役が必要なのです。この油と水の仲介役を「界面活性剤」といいます。水とも油ともなじみやすく、まるで油の手を取って水と握手をさせるかのごとく、界面活性剤は油を水に溶かしてくれるのです。

スキンケアをしているのになぜシミができるのか②

そもそも「肌に合わない」というのは、化粧品を使用して湿疹が生じるようなケースではなく、長年使っていても効用が得られなかったという息味です。高価な美容液を使用しても、シミが椚えないだけでなく新たなシミがでさる。別の高価な美容液を購入しても、シミは増えないけれども、すでにあるシミを消すこともでさない。こういったケースでは、高価な美容液を使用しても無意味です。なぜならば肌の奥の細胞を活性化させることが不可能だからです。表面からいくら高価な美容液を塗っても、肌の奥の細胞まで活性化させることは、肌の構造上、できないのです。

よく、スキンケアでは、肌の表面からだけでなく「内面からのアプローチも大切」という話を聞きます。そして、「肌に対して内面からのアプローチは8割、外側からは2割の効果」とも称されているのです。表面からのアプローチはたった2割。つまり、外側からのアプローチだけでは不十分なのです。本当に効果のある美容液を使っているのならば、内面からのアプローチは必要ないと思いませんか? 表面から栄養分を送り、肌の細胞を活性化させて若々しくできるのであれば、肌にいいといわれる食生活をしなくても済むはずです。しかし、表面からのアプローチだけでは肌の細胞は活性化しない。そのために、内面からのアプローチの重要性もいわれていると考えられます。

一生懸命にスキンケアをしたにもかかわらず、30代~40代でシミができてしまったのは、みなさんの努力不足では決してありません。私から見れば十分すぎるほど努力をされている。また、これまでスキンケアを怠ってきたという方もいると思います。その方々も、諦める必要はまったくありません。肌の細胞は30代を過ぎた頃から老化を始めますが、今、その老化を正しい知識で食い止めればいいのです。それは、高額な美容液を無理に使用することではありません。肌の細胞を保護する正しい知識と方法を身につければ誰でも美肌を実現できます。特別な化粧品は不要です。使い慣れたスキンケアの化粧品で、肌は十分に保護することが可能なのです。

スキンケアをしているのになぜシミができるのか①

20代から一生懸命にスキンケアに取り組んでいるのに、30代~40代にかけていくつものシミができてしまったという人がいます。忙しい中で、朝は10分~15分、晩には20分~30分もの時間を割いて、化粧水や乳液、美容液、クリーム、そしてパックまで丁寧にスキンケアを行っていたはずなのに、顔にはシミができる。その理由について、みなさんは、次のどれだと思いますか?

①スキンケアの時間が足りなかった。
②スキンケアの方法が間違っていた。
③スキンケアの化粧品が肌に合わなかった。

①についていえば、一生懸命スキンケアに取り組まれてきた方は、十分すぎるほど時間を割いています。時間をかけすぎているともいえるほどです。「時間が足りない」と思う必要はありません。本来のスキンケアの目的である保湿だけを考えるならば、3分もかからずに済みます。洗顔後に手早く行えば、1分程度でも終わるでしょう。スキンケアに時間をかけられなかったことを後悔する必要はまったくありません。最大の原因は②と③にあります。今からでも、スキンケアに対する考え方と方法を間違えなければ、シミを増やさずに済むはずです。まだ間に合いますよ。

②について見ると、一般的なスキンケア化粧品の効果としては、ダメージを受けた肌に水分や油分、栄養分を送り込み、まるで傷ついた細胞が回復するかのごとく語られているケースが目立ちます。肌の専門家の立場からすれば、そのイメージは誤りとしかいいようがありません。生きている細胞に栄養分を送り届けて活性化させることははとんど不可能だからです。みなさんは、「細胞」についてどのようなイメージを持っていますか? 小さな細菌のように丸くてふわふわした生き物のように思っていますか? 確かに細胞は、細胞膜で囲まれて、代謝や細胞分裂などを行う独立した生き物のような存在です。

しかし、人間の細胞は、小さな細菌とは異なり、たくさんの細胞が集まって組織となって臓器を作っています。そして、組織構造や栄養分の取り込みなどは、人間の身体のそれぞれの器官で決められています。つまり、小さな細菌にエサを与えるように、人間の細胞に人工的に外部からエサを与えるようなことはできないのです。そのため、肌の表面から栄養分を送り込んだとしても、肌の細胞がそれをエサとして受け取ることはありません。「栄養分を与える」イメージでスキンケアを行っていた人は、その考え方を捨て、改めてスキンケアについて認識を深める必要があります。

③のスキンケアの化粧品が肌に合わなかったというのも、②の理由と共通することがあります。

なぜスキンケアに懸命になるのか②

クレンジングや洗顔料が、お化粧を落とすために必要なものであることはわかります。しかし、洗顔後に使用する保湿剤以外の化粧品の効能効果がよくわからないのです。なぜならば、化粧品に配合されている成分は、肌の表面から肌の奥へと浸透しにくいからです。仮に肌の奥まで浸透しやすい成分があったとしても、シミやシワに関与する細胞に直接働きかけることが難しい。それは、肌の構造と細胞を知ればすぐにわかります。みなさんは、保湿というと「お肌への水分補給」とイメージされているかもしれません。しかし、残念ながらそれは間違いです。

お肌にとっての保湿は、水分補給ではなく、お肌の表面をカバーして水分蒸発を防ぐことが、最大の役割になります。つまり、表面だけのアプローチにすぎません。お花に水を与えるように、お肌に水分を補給することも、また、それ以外の成分をお肌の細胞に与えて栄養分にすることもできないのです。美白の成分も、もちろん役には立ちません。スキンケアの化粧品の中には、医薬部外品といって、お薬に近い効果が薬事法で認められているものもあります。しかし、考えてみてください。本当に効果が得られるのであれば、なぜ、20代からスキンケアに取り組んでいた人の肌に、シミヤシワができるのでしょうか? 考えてみましょう。

スキンケア化粧品に薬のような効果があれば、シミやシワがなくなるだけでなく、40代や50代になっても20代の肌を維持できるはずです。それが不可能なのは、たくさんの化粧品を使っても肌の老化を防ぐことができないからといえます。逆にいえば、40代や50代で若々しい肌が保てないのは、化粧品選びが悪いわけでも、スキンケアを怠ったわけでもないのです。みなさんが悪いのではありません。ただ、ご自身の肌の状態を把握して適切に保護することができなかっただけなのです。これから適切にお肌を保護すれば、シミやシワを防ぐことが可能です。諦めないでください。